03
キャッシュレス2.0‐
三菱UFJニコスが創る新時代

ADVANCE

異業種参入による
新たな決済サービスの勃興

流通、通信、ITなど、今、キャッシュレス市場には異業種からの新規参入が相次いでいます。目的はユーザーの囲い込みやビッグデータの獲得など様々ですが、各社が主導権争いを繰り広げて切磋琢磨することによって、ユーザーファーストで画期的なサービスが日々生まれています。

選ばれ続ける理由‐
高度なスキルと確かな品質

当社は、異業種から新たにキャッシュレスに参入する企業をライバルとは思っていません。決済のノウハウを持たない企業が新たに決済ビジネスを始めるには膨大な費用・時間・労力が必要です。そこで、当社がこれまで実績とともに積み上げてきた決済ノウハウや安定性の高いシステムを提供することによって、新たな決済ビジネスの創出をサポートしているのです。当社は、高度なスキルと確かな品質によって、決済ビジネスに新規参入する企業のビジネスパートナーとして選ばれ続けています。

異業種企業連携による
新たな価値の創造

例えばリクルートが提供する「Airペイ」。iOSデバイスを活用し、クレジットカードから電子マネー、QRコード*決済・ポイントまで多種多様な決済サービスをオールインワンで提供できることから広く普及している決済サービスですが、その裏側では当社のシステムが稼働しています。このように、当社は特性の異なる企業と連携し、互いの強みを活かすことで、人々の暮らしを豊かにする画期的なソリューションをこれからも世に生み出していきます。

*QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。